観光スポット鑑賞
  • 宝梵寺壁画

    (いち)『議に仏」主絵法のような二体、左第六羅漢跋陀羅(Bhadra)、右第十羅漢半托儲(Panthaka)。仏祖寿期が迫る、2羅漢のオマージュ

宝梵寺壁画
2016-12-13 10:46:59   click:

(いち)『議に仏」主絵法のような二体、左第六羅漢跋陀羅(Bhadra)、右第十羅漢半托儲(Panthaka)。仏祖寿期が迫る、2羅漢のオマージュ...
\

(いち)『議に仏」主絵法のような二体、左第六羅漢跋陀羅(Bhadra)、右第十羅漢半托儲(Panthaka)。仏祖寿期が迫る、2羅漢のオマージュに貢物の貢物が。
(に)『地蔵説」の主な絵のように三尊法、中は地蔵(Ksitigarbha)、左第十二罗汉伽犀どの(Naga-sena)、右第八羅漢伐採阇羅弗羅(Vajraputra)が多く。内容は:お地蔵さんの手を舎利宝珠は、説明《縁の厳。
(さん)『雷音供養」の主な絵のように三尊法では、第4羅漢苏频陀(Supinda)、左第七罗汉迦マイル(Karika儲)、右第二罗汉迦伐採蹉(Kanakavatsa)。内容は:三位羅漢まで雷音寺、歓談仏寿盛況。
(よんしよ)「だるま」の主な絵のような朝貢法尊、結び目結跏趺坐座って真ん中、によると、菩提は達磨(Bodhidharma)は作はか祖師、計6人の像を作る。内容は:だるま率众恭聆如来《経』の授業。
(ご)『准提次の取引」主絵法のように体が、結結跏趺坐座の真ん中に、「阿弥陀仏(Amitabha)、もうと押し引き:仏。内容は:准提率众雷音寺に来て、足の甲座蓮台托宝お手、右手、左手出したアエオニウム迎え超渡衆生訣勢を如来を意味する人。
(ろく)「南天仙子西遊』の主な絵法のような体、道家に奉の北斗いたずら好きなも。内容は:北斗率雷部や店員西朝仏、車は丹墀輦車準備の下、たちまち出発。
(ななしち)「長眉難詰」主絵法のような二体、左を第一罗汉宾度羅跋羅怠ける阇(Pindolabharadvaja)、中国によると長眉羅漢;右は第十羅漢阿氏(Ajita)、内容は:如来だ時、衆羅漢ように理解できないところが、長眉羅漢手は竹杖爺むさいと、桂枝探偵詰仏課、難しい者に異議を申し立てる。
(はち)『羅漢聆経』の主な絵法に三尊、中は第九羅漢いぬ博(Supaka儲)、左第13羅漢、半期陀(Lngata)で、右は第11羅漢羅頼み羅(Kahula)。内容は:衆罗汉恭聆すばらしい物、いぬ博儲を捻珠が、左手、右手を訣、敬虔状。
(きゅう、く)『羅漢聆経2』の主な絵法に三尊、中は第三罗汉迦ノ儲跋厘怠ける阇(Kanakabharadvaja)、左第14羅漢伐採のあの婆斯(Vanavasin)、右第五羅漢ノどこに羅(Nakula)。内容は:如来言い方は得意の時、宝を広げ、雨が入り乱れて、儲ノ儲跋厘胸をはだけ正座をじっと聞いて法。
(じゅう)『功徳円満」主絵法のようにと尊、十六羅漢注ニガナ半托儲(Cdapanthaka)、中国によると布袋羅漢、大きい胃袋羅漢、笑頭羅漢、弥勒仏など。内容は:話し終わって『経』の授業如来、布袋羅漢敞口に笑って、聖衆、諸天、诸仙、神々を称賛する「聖寿極まりなし」!南無阿弥陀仏阿弥陀仏」!

Share:

Prev:first_page
Next:last_page

Copyright © zghhjq.com All Rights Reserved. Powered by Riesun.com