観光スポット鑑賞
  • 宝梵寺

    始まりは北宋治平元年(西暦1064年)、本名羅漢院。宋英宗赵曙赐名「宝梵寺」意為仏中の聖、梵中の宝」。明景泰元年再建1852平方メート

  • 宝梵寺壁画

    (いち)『議に仏」主絵法のような二体、左第六羅漢跋陀羅(Bhadra)、右第十羅漢半托儲(Panthaka)。仏祖寿期が迫る、2羅漢のオマージュ

宝梵寺
2016-12-13 10:51:44   click:

始まりは北宋治平元年(西暦1064年)、本名羅漢院。宋英宗赵曙赐名「宝梵寺」意為仏中の聖、梵中の宝」。明景泰元年再建1852平方メート...
\


    始まりは北宋治平元年(西暦1064年)、本名羅漢院。宋英宗赵曙赐名「宝梵寺」意為“仏中の聖、梵中の宝」。明景泰元年再建1852平方メートル、建築面積は、四合院は三元復レイアウト。明代塩化2年、染め返す成形粉になっ誉满絵として、内外の宝梵寺壁画。今は、明の壁画の壁画十幅、明代の壁画の代表作として殘れて。壁画の筆力雄勁である場合、色鮮やかに明るいように、唐が有名な画家の吴道子筆意、非常に高い芸術上の造詣と貴重な文物価値。宝梵寺現国家級文物保護単位。
Share:

Prev:宝梵寺壁画
Next:last_page

Copyright © zghhjq.com All Rights Reserved. Powered by Riesun.com