観光スポット鑑賞
  • 舒家寄り合い住宅

    母屋元舒家祠、始まりは明の中期、場所の位置舒家沱新都区。木製の構造、普通の中国式瓦、所属の典型的な川西民家建築の風格。両わきや

  • 宝梵寺

    始まりは北宋治平元年(西暦1064年)、本名羅漢院。宋英宗赵曙赐名「宝梵寺」意為仏中の聖、梵中の宝」。明景泰元年再建1852平方メート

  • 宝梵寺壁画

    (いち)『議に仏」主絵法のような二体、左第六羅漢跋陀羅(Bhadra)、右第十羅漢半托儲(Panthaka)。仏祖寿期が迫る、2羅漢のオマージュ

舒家寄り合い住宅
2016-12-13 10:54:08   click:

母屋元舒家祠、始まりは明の中期、場所の位置舒家沱新都区。木製の構造、普通の中国式瓦、所属の典型的な川西民家建築の風格。両わきや...
\


    母屋元舒家祠、始まりは明の中期、場所の位置舒家沱新都区。木製の構造、普通の中国式瓦、所属の典型的な川西民家建築の風格。両わきや戯台、跡地は安岳県、九宫十八廟の一つの「天宮」の部分では、清道光年間、文革中本堂に解体され、廂房を学校で。2010年全体引越し、修復して、集中保護。
Share:

Prev:宝梵寺
Next:last_page

Copyright © zghhjq.com All Rights Reserved. Powered by Riesun.com